観心寺・延命寺   

秋晴れの天気に誘われて、急いでまだ紅葉には早いと思いつつ河内長野の観心寺と、延命寺に出かけました。
a0322322_20220877.jpg
池の周りの日当たりの良いところは綺麗に色づいていました
a0322322_20222184.jpg
a0322322_20221600.jpg
a0322322_20222509.jpg
a0322322_20221905.jpg
観心寺から車で10分足らずで延命寺です。参道の入り口で野菜を並べていました。赤かぶと、柿を買いました
a0322322_20224055.jpg
延命寺の山門
a0322322_20222786.jpg
有名な「延命寺の夕照もみじ」樹齢1000年とも言われるカエデの巨木は、夕陽に映えるその美しさから「夕照もみじ」と呼ばれ、府の天然記念物に指定されています
a0322322_20223784.jpg
老木でまだ紅葉にはもうしばらくです
a0322322_20223226.jpg

[PR]

# by shiki-cosmos1940 | 2017-11-06 20:36 | Comments(0)

おてつぎ信行奉仕   

我が家は浄土宗で、毎年菩提寺から総本山知恩院に「おてつぎ信行奉仕」に参加いたします。今年で16回目です。「おてつぎ信行奉仕」とはお念仏の喜びを「手から手へ」「人から人へ」「心から心へ」と伝える喜びを分かち合う事をめざします。知恩院では一日中お念仏三昧です。廊下を移動するときもお念仏をお唱えし、礼拝行、清掃奉仕、法話に耳を傾け、感謝の気持ちをもつ修行です
a0322322_19434109.jpg
         お昼ご飯は知恩院の精進料理を頂きます
a0322322_19434500.jpg
今年は日帰りで参加したので、終了後夕食を黄檗禅宗 「閑臥庵」で普茶料理を頂きました。ライトアップされたお庭、季節の素材を使いお味、繊細な盛り付けの美しさに大満足な夕餉でした
a0322322_19433632.jpg
a0322322_19404391.jpg

[PR]

# by shiki-cosmos1940 | 2017-11-03 20:39 | Comments(0)

彼岸花さく葛城古道   

a0322322_20285011.jpg
台風明けの敬老の日に岸和田祭りに帰省中の次男夫婦と奈良の「九品寺」と「一言主神社」に彼岸花の撮影に行ってきました。2015年に訪れたのは9月22日 少し遅い感じでしたが、今年はまだ来週ぐらいが満開かと??少し早かったです。前日の台風でだいぶ傷んでいました
a0322322_20303507.jpg
九品寺から一言主神社へ葛城古道を散策・・・・・彼岸花と、黄金色の稲穂、青空のコントラスト 大和三山を望みながら 
日中はやはりまだまだ暑い!!前回訪れたCafeでかき氷を!! 美味しかった(^_-)-☆
a0322322_20303266.jpg
九品寺さんの境内には彼岸花はありません
a0322322_20302658.jpg
a0322322_20302944.jpg
a0322322_20295336.jpg
九品寺さんの境内のノウゼンカズラ
a0322322_20302089.jpg


[PR]

# by shiki-cosmos1940 | 2017-09-19 20:55 | Comments(0)

母校の120周年記念式典   

 大阪府立岸和田高等学校は1897年(明治30年)に大阪府第六尋常中学校として創立され、今年で120周年を迎えます。大阪府立岸和田高等学校創立120周年記念事業」として第一部:記念式典と芸術鑑賞 第二部:記念祝賀会・懇親会が盛大に開催されました。第一部の芸術鑑賞は「デーモン閣下と邦楽維新Collaboration」邦楽使いの達魔”デーモン閣下と、“雅の大師範”三橋貴風率いる邦楽の名手たちが、谷川潤一郎の「春琴抄」の世界を奏でます。
朗読劇と邦楽のコラボ、朗読の効果音やBGMのみならず、途中に挿入される様々な曲に箏曲・尺八、巧みな演出と心配りで観客を飽きさせない作り、在学生もテレビで見る「デーモン閣下」の朗読に聞き入っていました。
a0322322_15362353.jpg
同窓会長のごあいさつ
a0322322_15362690.jpg

[PR]

# by shiki-cosmos1940 | 2017-09-02 16:50 | Comments(0)

久保惣美術館   

 9月に入り朝晩涼しい風が入り、自然の移り変わりを肌で感じる。コオロギの鳴き声も、まだあまり上手とは言えないながらも心地良く、しばらく更新していなかったブログにも、久し振りに取り掛かる気持ちにさせてくれます。
 真夏の暑い一日帰省中の家族の希望で、9月24日迄常設展「北斎の富士―富岳三十六景と東海道ー」が開催せれている和泉市の久保惣美術館に行ってきました。地味なんですがとても綺麗な建物でゆっくりできます。こちらの美術館には四季折々何度もうかがいますが、手入れの行き届いたお庭、素晴らしい美術品に心癒されるところです。広い建物や駐車場もゆったりとしており、常設展やその時々の特別展も楽しめます
                   ガラスの窓を通して、庭の草木を見ていると心が落ち着く
a0322322_15363407.jpg
      
                       水連の浮かぶ池も穏やか
a0322322_15363771.jpg
a0322322_16015475.jpg
ランチに光明が池近くの「そば むら田」に伺いました。古民家で自分で茹でるスタイルのお蕎麦屋さんです(^^♪
奥の廊下の向こうには、老松が茂り、大岩をくりぬいた手水鉢の中に金魚が泳いでいる、手入れの行き届いたお庭が・・・・
大満足でした。
a0322322_15363208.jpg

[PR]

# by shiki-cosmos1940 | 2017-09-02 16:31 | Comments(0)